コラム
2023年12月28日

ボルダリングを手軽に楽しめる!おすすめの持ち物を詳しく解説

 

老若男女、誰もが自分のペースで楽しめるボルダリングが人気です。近年急速にボルダリングジムも増えています。ボルダリングに興味を持ち、ボルダリングを始めたいと考えている方も多くいるそうです。そのようなボルダリング初心者にとって、ボルダリングに必要となる持ち物はどのようなものか気になります。今回はボルダリングを始めるにあたり、持っておくと便利な品々を紹介します。

 

1.ボルダリングとは

ボルダリングは2021年に開催された東京オリンピックでも競技種目として採用されました。同大会で、野中生萌選手が銀メダル、野口啓代選手が銅メダルを獲得して話題になったのです。その後も日本人選手が世界各国の大会で活躍し、すっかり人気スポーツになっています。そのように人気のボルダリングは、フリークライミングの中の一種類です。

 

もともとのボルダリング(Bouldering)の、boulderは「丸い大きな石」や「大きな岩」という意味です。以前はロープなどの道具を使わずに岩肌や岩壁を自力のみで登るクライミングを、ボルダリングといっていました。現在は、屋外、室内を問わず、ロープを付けない「クライミング」がボルダリングと呼ばれています。

 

近年はボルダリングの競技化がいっそう進行し、クライミングジムやボルダリングジム内に造られたボルダリングのコースを楽しむ方が増えています。壁に取り付けられたボルダリング用のホールドを使いこなし、壁を登るスピードや難易度を克服する競技となり、フリークライミングの一競技形態としてボルダリングが確立しているのです。

 

2.ボルダリングで重要な持ち物

ボルダリングは他の競技のように、ユニフォームや競技専用の用具は必要ありません。ボルダリングを始めるにあたり、必須となる持ち物はないのです。高価な道具などそろえなくても手軽に始められるのも、ボルダリングの魅力です。そのような人気のボルダリングでは、持っておくと壁面を登るときに有効に機能するさまざまな用具があります。この章ではボルダリングにおすすめとなる用具について、以下で詳しく紹介します。

 

2-1.動きやすい服装

ボルダリングは服装の規定はありません。普段着で登ることも可能です。ただし、ボルダリングは両足を広げたり、腕を最大限伸ばしたりするために、伸縮性のある素材の衣類を選びましょう。また、丈が短すぎるウェアやパンツは重ね着が必要です。壁の高いところまで登るので、丈が短すぎると肌が見えやすくなります。スパッツやインナーを下に着用するなどして、クライミングに集中しましょう。

 

さらに、ボルダリングはチョークという粉を頻繁に手に付けます。チョークの粉は服にも付きやすく、着ている服が汚れやすくなるのです。そのため、汚れても問題ない服を選んで着用することをおすすめします。

 

2-2.ボルダリング用シューズは必須アイテム

小さなホールドに足を乗せて踏ん張ることが多いボルダリングだけに、ボルダリング専用のシューズがおすすめです。ボルダリングシューズはさまざまな形状やソールがあります。自分に最適なシューズが固定するまでの期間は、レンタルでの対応も可能です。

 

難しい課題が克服でき、登はん能力が向上した場合は、マイシューズを手に入れましょう。ただし、質感やフィット感を実感するために、靴を購入する際は試着することをおすすめします。また、多くのボルダリングジムでは、ボルダリングシューズをレンタルしています。その際は靴下の着用が必須となるため、靴下を用意しておきましょう。

 

2-3.チョークとチョークバッグ

ボルダリングでは、手の油分や汗の滑りを抑制するチョークを大量に使用します。現在、ボルダリングジムのチョークは粉末タイプが主流です。そのような粉末チョークを入れるためのバッグがチョークバッグです。チョークバッグは、腰にぶら下げるタイプや置き型のタイプがあります。チョークバッグもレンタル可能です。ボルダリングに慣れてきてから、使い勝手の良いタイプをみつけ、そろえることをおすすめします。

 

2-4.あると便利な小物

ボルダリングはかなりハードな競技で汗をかきます。また、チョークも大量に使用します。汗を拭いたり、手を洗ったりするときに「タオル」は必要です。タオルは必ず準備しておきましょう。ボルダリングでは絆創膏(ばんそうこう)も必需品です。ボルダリング中に、ホールドと呼ばれる突起物にぶつかって、皮膚を擦りむいてしまったり、手にマメができたりすることもあります。そのような事態に備えて絆創膏を用意しておきましょう。

 

2-5.水分を用意する

ボルダリングは汗をかくだけに水分補給が必要です。また、ボルダリングジムは意外と乾燥しています。のどが渇きやすく適度な給水も必要です。ただし、水分が床にこぼれないように、フタが付いたペットボトルなどを用意しましょう。

 

3.ボルダリングの注意点

ボルダリングでは、持ち物の他にも注意すべき点があります。とくに注意すべきポイントとして、ボルダリングは素手で壁を登ります。手の一部や指先だけで、ホールドと呼ばれる石を掴んで登るのです。ときには指だけで全体重を支えることまであります。

 

そのため、指に過剰な力が加わり、爪が割れることもあるのです。ボルダリングを始める前に必ず爪を切りましょう。また、ボルダリングは足にぴったりの靴を履くために、足の爪が長いと壁面に当たり割れる恐れがあります。手だけでなく足の爪も切っておきましょう。

 

また、ボルダリング初心者は全身を保護できる服装がおすすめです。ボルダリングは2ⅿから3ⅿの高さから落下することもあります。安全対策が講じられていますが、落下するときや登っている途中に壁にぶつかり、擦り傷ができることもあります。そのため、初心者は薄手の長袖や足全体を覆うタイツなどを着用し、全身を保護する服装を心掛けましょう。

 

4.まとめ

以上、ボルダリングの持ち物について紹介しました。比較的費用が掛からず、しかも自分一人で自分のペースで楽しむボルダリングは、多忙な現代人向けの人気スポーツです。ボルダリングスタート当初は、用具についてはレンタル品を上手に使いましょう。ボルダリング技術が上達した時点で動きやすいおしゃれな服装や、使いやすい自分用の用具をそろえることもおすすめします。

 

「GREEN ARROW」は、千葉県船橋市本町に本社を置くボルダリングジム&トランポリンパークです。当社はクライミングの専門知識を有する社員が中心となり、スポーツを中心とした店舗開発・事業展開に取り組んでおります。ボルダリングやトランポリンに興味のある方は、どのようなことでも、ご遠慮なく当社へご相談ください。