コラム
2023年12月28日

ボルダリングはオリンピック競技!経緯や基本情報を解説

ボルダリングは傾斜のついた壁に取り付けられたホールドを上手に掴みながら登っていく、難易度の高いスリリングなスポーツです。近年ますます注目を集めていますが、なかでもオリンピック競技になったことで多くの方に認知されるようになりました。しかし、ボルダリングのオリンピックとの関わりに関してご存知ない方も少なくありません。今回は、なぜボルダリングがオリンピックに採用されたのかなどについてご紹介します。

 

1.ボルダリングの基本ルール

まずはボルダリングの基本ルールについて詳しくご紹介します。ボルダリングは、岩壁や人工のクライミングウォールなど、比較的低い高さの壁を登っていくスポーツです。ボルダリングの基本ルールは以下となります。

 

1-1.コースの構造とポイント

ボルダリングコースはさまざまな手つかみや足つかみのホールが配置された壁で構成されます。各コースには異なる難易度が設定され、難易度ごとに異なるポイントが特徴です。

 

1-2.競技者の動きと技術

競技者はコース上のホールを利用して、与えられた課題を解決するためにさまざまな技術を駆使します。手や足のクリンピング(グリップ)技術やバランス感覚が求められます。

 

1-3.時間制限

各課題には制限時間が設定されており、競技者はその制限時間内にできるだけ多くの課題クリアを目指します。

 

1-4.試合形式

ボルダリングの競技では、通常、予選ラウンドや準決勝ラウンド、決勝ラウンドなどのラウンド形式です。各ラウンドでの成績により、最終的な順位が決まります。

 

1-5.ジャッジと判定基準

審判(ジャッジ)が競技者の挑戦を監視し、課題のクリアやポイントの取得などを判定します。ホールドへの手や足の正確な配置や、制限時間内でのクリアが評価されるポイントです。

 

1-6.得点システム

コースごとに設定されたポイントがあり、クリアした課題やその難易度によって得点が与えられます。同じポイントの競技者は、より難易度の高い課題をクリアした人が上位になる仕組みです。

 

2.ボルダリングのオリンピック競技化

ボルダリングがオリンピック競技に採用されるまでの経緯やそのプロセスは、主に以下のとおりです。

 

2-1.オリンピック競技化への動き

ボルダリングは、クライミング競技として国際的に広く愛されてきましたが、オリンピックの正式な競技として認められるまでには時間がかかりました。国際クライミング連盟(IFSC)は、ボルダリングやスポーツクライミング全般をオリンピックに取り入れるために積極的な努力を重ねたのです。

 

2-2.統合されたクライミング競技

クライミングは、ボルダリングの他にも、リードクライミングやスピードクライミングなどの異なる競技が含まれています。オリンピックでは、これら3つのクライミング競技を統合して、コンビネーションクライミングとして競技されます。

 

2-3.2020年東京夏季オリンピック

東京2020(2021年に延期された)夏季オリンピックでは、スポーツクライミングが正式に競技として採用されました。イベントの中で、クライミングは大きな注目を浴びています。

 

2-4.競技者の反応と普及効果

オリンピックでのボルダリングの採用は、競技者やファンから非常に好評でした。これにより、ボルダリングの知名度が一層高まり、新しい世代のアスリートや愛好者が増加しました。

 

3.オリンピックでのボルダリング競技

オリンピックでのボルダリング競技に関する詳細は以下のとおりです。

 

3-1.競技形式

オリンピックのボルダリング競技では、競技者が1つのボルダリング課題(ボルダー)を解決するのに許される時間が決まっています。各競技者は、設定された数のボルダリングを順に挑戦し、制限時間内にできるだけ多くのボルダリングのクリアを目指します。最も上部にあるTOPホールドを両手で保持すると完登です。

 

3-2.ボルダリングの難易度

ボルダリング課題は、さまざまな難易度と複雑さがあります。課題ごとに難易度が異なり、競技者はその難易度に応じた戦略と技術を駆使して挑戦します。

 

3-3.決勝ラウンド

予選ラウンドを通過した競技者が進む決勝ラウンドでは、より高度で難しいボルダリングが提供されます。決勝ラウンドの成績によって、最終的な順位が決まります。

 

3-4.得点の計算

各ボルダリングのクリアや最終的な順位によって競技者に得点が与えられます。クリアしたボルダリングの難易度が高いほど、より高い得点が与えられます。

 

4.まとめ

ボルダリング、これまでの歴史と未来への期待を背景に、その競技がオリンピックの舞台で輝く瞬間を迎えています。岩登りのアートともいえるこのスポーツは、独自の技術と戦略が交錯する舞台で、世界中のアスリートとファンを魅了しています。今後のボルダリングの進化や普及がどのような未来を切り開くのか、その期待感とともに、オリンピック競技として独自の輝きを放つボルダリングに注目しましょう。

 

「GREEN ARROW」は、東京や千葉にあるスポーツのコミュニティパークです。ボルダリングをはじめとするスポーツによって、ご自身の成長も感じられる点が魅力となります。一見難しそうに思えるかもしれませんが、初めての方でもお気軽に楽しんでいただけるスポーツです。シューズのレンタルや簡単なレクチャーも実施していますので、これまでやったことがないけど興味があるという方は是非お越しください。経験者の方も大歓迎です。