コラム
2023年12月28日

手軽に始められるトランポリンの運動量は?トランポリンの運動量を解説

 

トランポリンで5分間跳ぶと、ジョギングにて約1Km走った運動量になるといわれています。しかしジョギングに比べると、体が感じる負荷や疲労感は多くありません。またトランポリンは室内でできるだけに、天候に左右されない運動としても人気です。本記事では、トランポリンの運動量を他の運動と比較して、メリットを紹介します。

 

1.トランポリンとは

トランポリン(Trampoline)といえば、レクレーション施設などによくあるのが思い浮かぶ方も多いでしょう。子どもさんたちが丸いトランポリンや四角いトランポリンの上で、跳び跳ねて遊んでいく光景を見かけます。トランポリンは丸型や四角い枠に伸縮性が強い丈夫な布を張ったものです。さらにきわめて強度が優れたゴム・ケーブルや、スプリングで固定した運動器具です。

 

またトランポリンの公式競技で使用されるトランポリンは、トランポリン協会の検定をパスした製品となっています。公式では幅305cm・奥行き520cmです。さらにトランプリンの中心部に当たり、跳躍や着地ポジションとなるベッド部分のサイズは縦が約2.1ⅿです。横が約 4.3ⅿの長方形で、高さは約 1.2ⅿになります。

 

1-1.トランポリンの歴史

現在のトランポリンの起源は、中世のヨーロッパのサーカス芸人Du-Trampolinからだといわれています。空中ブランコの安全ネットをヒントにして、考案したものが始まりといわれています。その後トランポリンはアメリカにわたり、1930年代以降スポーツとして普及したのです。日本に紹介されたのは1959年です。現在はスポーツだけでなく、レクリエーション施設や家庭用のトレーニングや、エクササイズなどでも利用されています。

 

トランポリンは第二次世界大戦中、アメリカのパイロットの養成課程で空中感覚養成のために使用されていました。NASAでも、宇宙飛行士の訓練でトランポリンが取り入れられています。それだけ幅広くトランポリンの効果が認識されているのです。

 

また室内で利用できるトランポリンの運動効果が認められています。さまざまな種目のトップアスリートも、トレーニング用としてトランポリンを取り入れているのです。オリンピックではトランポリン競技が、2000年シドニー大会から正式種目となっています。それだけトランポリンは、世界規模で人気になっているのです。

 

1-2.トランポリンは手軽に始められる

トランポリンは激しい運動をしなくても、確実に有酸素運動ができます。運動初心者や運動が苦手な方や、子どもさん・高齢者・女性にも愛好家が多くいます。今やトランポリンは、フィットネスクラブやスポーツジムから一般家庭でもできるエクササイズとして人気です。また高齢者も手軽に取り組めるため、生涯スポーツとして新たな需要が広がっています。

 

2.トランポリンの運動量

人気のトランポリンだけに、実際にトレーニングをしたときの運動量に対する消費カロリーが気になるでしょう。厳密にいえば体の大きさや筋肉量などで異なるものです。しかし一般的には、トランポリンを5分間跳び続けると、15キロカロリーを消費できるといわれています。

 

以下は体重ごとに、10分間トランポリンを跳び続けたときの消費カロリーの目安です。

  • 体重50kgの人:10分で31キロカロリー消費
  • 体重60kgの人:10分で37キロカロリー消費
  • 体重70kgの人:10分で43キロカロリー消費

トランポリンの運動を20分、30分と継続すると、より多くのカロリーを消費します。さらに体をひねったり、両手をあげたりすると、カロリー消費量は増えるのです。

 

2-1.他の運動との比較

体重50kgの方が30キロカロリーをさまざまな運動で消費する場合、どれだけの運動量、運動時間が必要になるのでしょうか。まずはおおよその目安を紹介します。

  • ウォーキング(4km/h以下のペース):13分40秒
  • ランニング(4km/h):5分40秒
  • 水泳(一般的な泳ぎ):4分10秒
  • 自転車(15km/h):5分40秒
  • トランポリン:10分

トランポリンは約10分間で、30キロカロリーほどのエネルギーを消費します。ウォーキングで30キロカロリーを消費しようとすると、10分間以上の歩行が必要になるのです。ランニングでは約5分半以上の走行が必要です。自転車では6分間弱、漕ぎ続ける必要があります。

 

3.トランポリンで消費カロリーをあげる方法

一般的にトランポリンは他の運動に比べて、負荷が少ない傾向といえるでしょう。体にかかる負担は少ないと、子どもさんも高齢者も無理なく取り組めます。逆にいえば短時間でトランポリンの効果をあげるためには、以下のようなトレーニング方法もあります。

 

3-1.正しい跳び方をする

トランポリンは中央に乗るようにしましょう。跳んで着地する場合もトランポリンの中央を意識して着地しましょう。トランポリンの中央部分を跳ぶことも意識すると、体全体のバランスをとるため体幹が鍛えられます。トレーニング効果アップの期待ができます。

 

トランポリンは間違った跳び方をすると体に負荷がかからず、トレーニング効果が希薄になるので注意しましょう。またトランポリンから転落し、ケガにつながってしまうので、正しい跳び方が重要です。

 

3-2.体の動きを加えてみる

トランポリンのトレーニングで、手や脚や体の特定部分の動きを加えると、消費カロリーが増えるといわれています。トランポリンに慣れてくると、跳ぶ動作以外の動きも加え、短時間トレーニングで効率よくカロリーを消費可能になります。

 

3-3.毎日続けると効果が出る

あらゆるトレーニングは継続することが重要です。トランポリンも続けることがたいへん重要になります。トランポリンは自宅で簡単にできるだけに、しっかりと続けられます。毎日続けると体も慣れてきて、トレーニング技術も向上するでしょう。より長く跳び続けられるようになり、消費するカロリーも増えていくのです。トランポリンを継続することで、筋力アップもダイエット効果も期待が大きくなるのです。

 

4.まとめ

今回はトランポリンそのものの紹介から、運動量について紹介しました。トランポリンを使うトレーニングでは、筋力アップもダイエットも可能です。またトランポリンは比較的取り組みやすいトレーニングです。自宅で簡単にでき、ジムでも専門的に行えます。ぜひともトランポリンを始めましょう。

 

「GREEN ARROW」は千葉県船橋市本町に本社を置く、ボルダリングジム&トランポリンパークです。トランポリンのプロが子どもさんから高齢者まで、各人とよく相談して最適となる指導方法を見出し丁寧に実践しております。トランポリンやボルダリングに興味のある方は、お気軽に当ジムまでご連絡ください。